2015.11.8メッセージ導入「人からの誉れは受けない」

ヨハネ5章41節〜44節

私たちは何を求めて生きているでしょうか。どこかで人からの誉れのみを求め、人の喜ぶことだけに応え、そして自分というものをどこかで忘れてしまっていないでしょうか。人の誉れだけを求めるとき、私たちの生き様はぶれていきます。全ての人から賞賛の声を受けようとすることは、不可能でしょう。自分を忘れ、疲れ果て、最後は自己賛美の中で、孤立化していきます。そんな私たちに、イエスはどう生きたらよいのかを示してくれています。共に、イエスの生き様から聴いてみましょう。