2015.12.6 メッセージ導入

「光あれ!」
創世記1章1〜5節

今週から第2アドベント(待降節)となります。主イエスの誕生を待つ時です。現代人は、この待つというのがとても苦手なように感じます。特に、科学が発達し、自分の意志の伝達がスムーズにできるようになり、私たちは待つことができなくなりました。しかしそんな私たちが見失ってしまったことはないでしょうか。待つということは、希望と期待がなければ、待ちません。そんな希望と期待が、この世界から奪われています。それは、バビロン捕囚に遭ったユダヤの民も同じでした。世界がどのように創られたかを語っている創世記1章より、待つことの大切さを共に聴いてみたいと思います。