2016.3.20 メッセージ導入

 

宣教題「御心のままに」

聖書箇所 マタイ26章36〜46節

 

今週は、イエスの受難を覚えての受難週です。イエスが十字架に架かっていく、苦しみ、悲しみに私たちは伴おうと格闘し、イエスの苦しみ、悲しみとは何だったのかを考える時を持ちます。イエスは、逮捕され、十字架に架かる前にゲッセマネという場所で祈りました。彼の願いは、この杯をできるなら取り除いてほしいということでした。しかし最後に、彼は御心のままにと祈ります。御心のままにとは、どう意味だったのか。またそこに寄り沿おうとした弟子たちの姿と私たちを重ね合わせ、イエスの受難を考えてみたいと思います。