2016.10.2メッセージ導入
宣教題「命の木に向かって」
聖書箇所 創世記3章22〜24節

私たちが人生を歩み、目標に向かっているとき、必ずと言って良いほど、邪魔をする存在があります。それは、敵として現れる場合もありますが、自分への誘惑として現れる場合もあります。敵であれば、自分の目標への意志は固くなる可能性があるでしょうが、誘惑の場合、目標への意志が薄れていく可能性があります。私たちは、いつも比較しながら生きているため、自分にとって、より良いと思われるものが現れるとき、揺れてしまうのです。私たち人間は、何に向かって生き、どんな生き方をしたらよいのか、聖書から聴いてみたいと思います。