2017.3.19メッセージ導入

宣教題「目を覚ましていなさい」

聖書箇所 マルコによる福音書13章32〜37節
現在の世界を見るとき、世界には終末が来ているのではないかと思うことはないでしょうか。各地で、戦争が勃発し、地震や津波などの天災、人のおごりによって人災も起こり、また貧富の差が広がり、豊かな者たちは食べ物を残し、貧しい者たちはその日食べる物が無い状態です。しかし、このままだと世界は滅びてしまうのではないかという感覚は、私たちの時代だけのものではありません。聖書の時代からも同様です。そこに、救いがもたらされ、世界が変わると願う想いは、いつの時代の人たちにも共感できることです。けれども、終末の世から逃れることだけを考える時、私たちは日々の生活をおろそかにする可能性があります。終末の世に対して、イエスは何と語るのか。共に聖書から聴いてみたいと思います。