2017.4.23 メッセージ導入

宣教題「義人はピスティスから生きる」

聖書箇所 ガラテヤ3章11〜12節
皆さんは、宗教において最も大切にされるものは、信仰ではないかと思われるかもしれません。「信じる者は救われる」と良く語られます。けれども、私たち人間の信じる思いこそ、あやふやなものはありません。同じものを見て、信じていたつもりが、全く違うものを見ていたということも多々あります。

世界にキリスト教を伝えた一人使徒パウロは、信仰というものをどのように考えていたのか。聖書から共に考えてみたいと思います。