2017.7.2 メッセージ導入

宣教題「生命共同体への帰還」

聖書箇所 マルコによる福音書5章1〜20節
皆さんは、ご自分の存在意義というものをどんな時に覚えるでしょうか。何か結果を残したとき、つまり出世したとき、金儲けすることができたとき、結婚し、家族ができた時・・・。

私たちがこの世界に、生まれてきたというのは結果を残すためだけなのでしょうか。いつも私たちは、結果が残せない自分を恐れ、生きているように感じます。そして結果を求めれば求めるほど、自分が失われていく現実があるようにも思います。そのままの存在を喜び、誰かと共に生きることができれば、こんな幸せなことはないはずです。私たちの命が本来あるべき場所を聖書から一緒に考えて見たいと思います。