2017.12.31メッセージ導入
宣教題「自分の十字架を負って」
聖書箇所 マルコによる福音書8章34〜35

早いもので、今年最後の礼拝となります。この一年いろいろなことがありました。楽しいこと、嬉しいこと、反対に、苦しいこと、悲しいこと。その歩みは、私たち一人ひとり違うものとして与えられました。その人生の歩みを誰も否定できないだろうと思います。けれども、そんな私たちの人生は本来の自分らしいものであるのかと聞かれるなら、どうだろうかと考えてしまいます。この一年を振り返り、また新しい年を思いながら、私たちは、どう生きることが幸せなのか、聖書から共に聴いてみたいと思います。