2018.1.21メッセージ導入
宣教題「安息日の意味」
聖書箇所 申命記5章12〜15節

皆さんは、休みをしっかり取っておられるでしょうか。現代人くらい、上手に休みが取れない人たちはいないのかもしれません。何もしないことを悪と考え、何かしないといけないと思っている私たちは、やはり仕事中毒なのでしょう。実は、キリスト教会が毎週日曜日に礼拝を行うというのは、神をたたえるという意味もありますが、人間が休むためでもあるのです。毎週礼拝に出席するなんて、大変ではないですかと言われそうですが、それは自分たちに必要だから、集まっているとも言えるのです。礼拝に集まっている私たちは何をしているのか。申命記5章から礼拝、そして休むことの意味を考えてみたいと思います。