2018.2.11メッセージ導入
宣教題「百人隊長とイエス」
聖書箇所 マタイによる福音書8章5〜13節

みなさんは、信教の自由ということを考えたことがあるでしょうか。宗教の自由と言い換えても良いと思いますが、特定の宗教を信じてもよい自由、信じなくてもよい自由というものが憲法において、私たちは保証されています。けれども、実際はそう簡単なことではありません。宗教間での争いは止まず、さらに、政治と宗教というものは癒着し、人々の支配に用いることが起きているからです。聖書において、イエスは自分の宗教以外の中で生きていた人たちをどのように考えていたのか。またその人たちとどのような出会いがあったのか。そこから信教の自由というものを考えてみたいと思います。