2018.5.27 メッセージ導入
宣教題「神は生きている者の神」
聖書箇所 マルコによる福音書12章18〜27節

聖書には、復活、甦るという言葉多く出てきます。現代の私たちにとって、死んだ者が甦るという復活は、信じることができないものです。しかし、約2000年前のユダヤの社会においても、復活はあるのか、無いのか議論されていたようです。私たち人間の永遠の命への憧れというものがあるのかもしれません。イエスは、復活についてどのように考えていたのでしょうか。聖書から共に考えてみたいと思います。