2018.8.12メッセージ導入
宣教題「互いに平和に過ごしなさい」
聖書箇所 マルコによる福音書9章49〜50節

この日は、平和を覚えての主日礼拝となります。8月15日で、敗戦後、73年です。その73年には、当たり前ではない平和を作る見えない歩みがあったことを思います。しかし最近の日本の社会情勢を見るときに、平和を作る歩みが軽視され、戦争ができる体制に移行しつつあるように思います。私たちは、もう一度あの地獄のようなアジア・太平洋戦争から聞くことがあるように思います。そして自分の国だけを守るのでは平和にならないことを知らされているように、思います。イエスは、2000年前、平和について、どのようなことを語ったのか。そこから、平和のつくりかたを共に考えてみたいと思います。