2020.6.14メッセージ導入
宣教題「神の言葉とは」
聖書箇所 マルコによる福音書7章9~13節

 聖書には、たくさん神の言葉というものが語られています。それだけ人間たちが、自分たちの経験や知識を越えた言葉を欲していたと言えます。しかしそもそもその言葉がどうして、神の言葉なのでしょう。神が私たちの目の前に現れて、語ったとするなれば、それは神の言葉ということになるでしょうが、それらはすべて人間を通して語られたものだと言えます。では、神の言葉と人間の言葉、どのような違いがあるのでしょう。イエスの物語から、聖書において語られている神の言葉とは何なのか、共に考えてみたいと思います。